ネット予約

羽曳野市の犬猫小動物クリニック。グランママ動物病院です。

<診察時間> AM:9時~12時/PM:16時~19時半(※木曜・土日祝午後休診)

0729523033
  • 診察時間
  • アクセス
  • 各種予防・ペットホテル
  • ホーム
  • 病院案内
  • 診察案内
  • お知らせ病気の話
ネット予約

安心と信頼の医療を目指して。「当院の治療方針」

当院は、飼主様と小さな動物たちの最善と思われる検査治療を提案し、飼い主様とコミュニケーションをしっかりしながら進めていくことを大切にしています。
飼主様と小さな家族の幸せのために熱意をもって、安心と信頼の医療を目指しています。

診療内容 うさぎ フェレット 小鳥 ハムスター など
診療科目 内科 (消化器・循環器・肝臓・腎臓・泌尿器など)/
外科/皮膚科/眼科/歯科/整形外科/腫瘍科/
健康診断・病気予防の相談(ワクチン、フィラリアやノミ、去勢避妊手術、肥満、痴呆など)

治療の流れについて

初診・再診
気になること、何かいつもと違うな・・と感じることがあれば、まずはご連絡ください。
問診
現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
検診
動物たちを見て触れ、現状で検査が必要か見極めます。
治療計画の立案
飼主様としっかりコミュニケーションをとりながら検査・治療に取りかかります。
治療
飼主様と動物にとって最善の治療を行います。
当院の特徴として、検査も治療も飼い主様と一緒に行います。

高齢犬・高齢猫

動物たちが年を重ねるごとに健康面での心配が出てきます。
動物たちがおしゃべりできない分、飼主様が動物たちの異変に気付くことが大きなカギとなります。

  • 飲水量が多くなった
  • おしっこの量が増えた
  • ふるえが出てきた
  • 散歩を嫌がる、疲れやすい
  • くしゃみや咳が出てきた
  • 夜中に鳴くようになった
  • 若い時より食欲が増えている
  • 口臭がひどい
  • 飲水量が多くなった
  • おしっこの量が増えた
  • ごはんを食べる時痛がる、よだれが多い
  • 吐く回数が増えた
  • 高いところに飛んで上がれなくなった
  • 夜中に鳴いたり活動し始めた
  • 痩せてきた

このような症状は、腎臓病や歯肉炎、認知症、心臓病、ホルモン疾患などの可能性があります。
早期発見、早期治療がカギになるため、心当たりがあればご相談下さい。

スタッフ紹介
お知らせ

FAQ よくあるお問い合わせ

皮膚炎が治りません。
皮膚炎と一言で言っても、原因は様々です。感染性(細菌や酵母、カビ、寄生虫)だったり、アレルギー、大きな病気のサインだったり…。原因によって治療法も様々です。そのため検査を行った上で治療方針を立てる必要があります。長く続く皮膚炎、治らない皮膚炎などご相談ください。
初めて動物を飼います。飼育するにあたって何が必要ですか?
初めて動物を飼うご家族は不安と期待でいっぱいのはずです。
飼い方、ごはんやおやつのすすめ、しつけ、病気の予防に関してや、手術など動物の種類問わず気軽にご相談ください!
高齢に伴って、ごはんの変更や注意することはありますか?
近年高齢化が進むにあたって、認知症や腎臓病が増えてきています。
「あれ?今まで出来たことができなくなってる」「吠えることが多くなった」「飲水量が増えてる?」といった異変があった場合はすぐにご相談ください。早期発見がカギになります。